header_logo.GIF

各種市場調査なら グローバル・シーにお任せください。見積依頼は こちらから

Google
最近の記事

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料 by グローバルシー

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:25| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

レックス22=反落、先物価格の下落で国内灯油が圧迫


22日のリムエネルギー総合指数22種(レックス22)は、前日比0.24ポイント下落し110.97と、反落した。国内(9)106.25(前日比0.69下落)、輸入(9)112.55(同横ばい)、輸出(4)114.13 (同横ばい)

国内指数は総じて下落。灯油は京浜渡しで同1.10ポイント、阪神渡しで同1.11ポイント軟化した。先物価格が下落したことに加え、京浜では供給過多により相場を圧迫した。LSA重油は阪神渡しで同0.19ポイント切り下がった一方で、京浜渡しで0.09ポイント切り上がった。阪神では原油と陸上価格につれ安となった。京浜では、月内取引が終盤に差しかかり出物が減少する中、買い気の強さが見られ小幅高となった。

輸入指数は横ばい。LPGのプロパンが同0.78ポイント、ブタンが同0.79ポイントそれぞれ弱含んだ。原油相場の下落に引き摺られた。一方LNG(液化天然ガス)は同0.68ポイント強含んだ。相場は横ばいだったものの、円安・ドル高が指数を支えた。

輸出指数は据え置き。軽油は同0.65ポイント切り上がった。市況連動相場の強さに加え、先物価格の値上がりが重なった。一方ベンゼンは同0.42ポイント安。前日の米国ベンゼン市場が軟化したことが要因。

posted by Mark at 21:50| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

『「値切り」のマジック』

"国際値切リスト"金子哲雄が教える完全無欠の値切り交渉術。今日から使える値切り術で、不況の勝ち組になる!

「値切り」のマジック
icon
icon
icon
posted by Mark at 01:49| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする